MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

コロナ禍で転職のために動いたナイトワーカーはどのくらいいる?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > コロナ禍で転職のために動いたナイトワーカーはどのくらいいる?
2020/09/04 (金)

コロナ禍で転職のために動いたナイトワーカーはどのくらいいる?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆コロナウイルスの影響で夜職は大きなダメージを受け、泣く泣く夜の街を去った方もたくさんいます。このコロナ禍で夜職から昼職へ転職した人はどのくらいいるのでしょうか?詳しく解説していきますよ☆

コロナウイルスが流行し始めてから、自分の将来に不安を感じたナイトワーカーは非常に多いでしょう。多い、どころかほぼ全員がこの先のことについて危機感を覚えたはずです。その中でも状況を打破すべく、動いたナイトワーカーはどのくらいいるのでしょうか?

 

実際に動けた人は・・・

多くの人が危機感を覚えたにも関わらず、昼職に転職という選択肢を選べた人は意外と少ないです。焦りを感じたけれど、どうしていいか分からずそのまま・・・という人が圧倒的に多いようで、現在も悩みながら勤務を続けているキャストが後を絶たないそう。

昼コレには多数のお問合せや相談がありましたが、周りのナイトワーカーを見ていると「どうしよう」と言いつつ、行動に移せていないケースが多いですね。迷っているうちに数か月が経過してしまった、といったところでしょう。

やはり仕事を変えるとなると抵抗がありますし、夜職から昼職となると心構えなどもガラリと変わっていきます。なかなか勇気が出ずに決断を先送りにしてしまったのかもしれません。

 

迷っているうちに時間は過ぎていく

売れっ子キャストなら話は別ですが、売り上げが安定しない、または売れていないキャストにとってコロナウイルスは致命的です。今後更に悪化する可能性も高いので、ますます将来が見えなくなってしまうかもしれません。

今多くの店舗で「昼職に転職した方が良いのか」と悩んでいるキャストが大勢います。しかし「どうしよう」とお互い言い合っているだけで、実際行動へ移すまでに至らないのが悩ましいところ。悩んでいるだけではどんどん時間が過ぎていきますし、気づいたころには周りがすでに動き出し、遅れを取ってしまうこともあるでしょう。

 

そうなった時に不利なのは自分自身であり。「どうしよう」とぼやいているだけでは何も解決しません。今後は決断する力も問われてきますよ。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ