MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

キャバ嬢からの転身~キャバ嬢からの社長へ~

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > キャバ嬢からの転身~キャバ嬢からの社長へ~
2019/06/18 (火)

キャバ嬢からの転身~キャバ嬢からの社長へ~

みなさんこんにちは!
ここでは、ヒルコレライターが夜職女性にお役立ちな情報をコラム形式でお届けしていきます✨
今回はキャバ嬢を辞めて起業家・実業家になるには!について

珍しくなくなりつつある女性社長

現在は、女性社長というものも珍しくはなく、キャバ嬢を辞めて社長・経営者になる
というストーリーも決して珍しくはありません。
もちろん、伝統的な日本企業では、新卒で入社し、出世競争に勝ち、
最終的に社長になるというパターンしかないでしょう。
そのため、伝統的な昭和企業ではキャバ嬢が社長になるということは難しいです。
しかし、現代では、女性社長さんも沢山存在し、その中には、キャバ嬢を辞めた後に
モデルとすることが可能なキャリアの方も多く存在します。

経営者になる為にはやはり勉強を!

経営の仕事をするためには、まず経営の勉強をする必要があります!
そしてそれを同時に学んだことを実践する必要があります。
経営に関する勉強は働きながら勉強することもできます。ハードルは物凄く高いですが、
転職してから大学院に通いMBAを取るということも実際にやっている方もいます。
また、日本には中小企業診断士という資格がありまして、勉強の過程で経営に関する
ひと通りのことを学ぶことができます。
また、経営の実践は夜のお店でも十分に可能です。規模は大きく違いますが、
夜の会社であれ、昼の会社であれ会社組織には違いはありません。
お店のママやオーナーが日々経営に対してどのようなことを考えているのか、
実際に聞いてみるのもありなのかもしれませんね!

マネージャー力を鍛えよう!

キャバクラ業界において一番重要なのはキャスト、すなわちキャバ嬢の接客スキル
ですよね!そのため、自分自身で身に着けた接客スキルをノウハウ化し、
後輩に教えることで誰しもが同じレベルで再現できるようになれば、
このジャンルでの社長になる資質があるということになります。
自分が出来ても、そのスキルを他者に伝え、そして自分のチームを作っていく
素質がなければ経営者になるのは難しい道のりになるかなと思います。

有名な女性経営者の存在は大きい

世の中、まだまだ女性の社会進出は進んでないと言いますが、
今の時代よりももっと前から社会で戦ってきた人は沢山います。

・株式会社DeNAの南場智子さん
・ブックオフコーポレーションの橋本真由美さん
・アパホテルの元谷芙美子さん
・ハナエモリの森英恵さん

など、輝く女性は多く存在し、こういった著名人が歩んできた道のりを
書いた本などを読んでみるのも一つの手かもしれません。

最後に

ビジネスの本質は価値を創り、それを効率よくそれが必要な人のところに
届くことであり、1人でも多くの人に喜んでいただくことです。
そのための正解というものは1つではありません。100人の人間がいたら
100通りの正解があるのがビジネスの世界です。
従業員ならば、与えられた仕事をただ行うだけでも成立する場合があります。
しかし、社長という立場の場合は、ビジネスの世界の中で自ら考え、
先頭に立って進んでいかなければなりません。
そして、進んでいくための方法は1つしかありません。それは行動することと、
行動をブラッシュアップすることです。
夜の世界で学べることは多く、夜職から昼職に転職しようと考え、転職活動をする中で
学べることもまた沢山存在します。
より沢山の人を幸せにしていくため、水商売の中であっても、仕事をしながら多くを
学び取っていくと自分の成長がきっと見れるはずですよ♪

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ