MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

アフターコロナで夜職はどう変化していく?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > アフターコロナで夜職はどう変化していく?
2020/05/06 (水)

アフターコロナで夜職はどう変化していく?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆コロナウイルスの蔓延により日本は大きく混乱していますが、今私達が考えるべきは「アフターコロナ」についてです。切迫した状態が続く中、先のことまで見据えなくてはなりません。コロナ収束後、水商売はどのようになっていくのでしょうか?解説していきますよ☆

コロナウイルスの影響により大幅な売り上げのダウン、店を一時休業とどこも追い詰められた状況であることは確実です。

ゴールデンウィーク空けからお店を再開するところもありますが、あくまでひっそりと、といった感じ。

都内はメンバー出勤限定にするなど、大々的に営業することは難しいようですね。

 

コロナ収束後、夜の世界の景気は戻るのでしょうか?

 

ふるいにかけられるナイトワーカーたち

あるお店では営業再開するようですが、一か月以上休業していたため赤字からのスタートです。

お店を運営するにあたって、最もお金がかかる部分は人件費。

ですから休業明けはキャストのお給料を一律にして、そこからスライドしていくシステムに変更しました。

 

その一律時給がかなり低いので、普段6000円、7000円以上貰っている女の子からすればたまったものではありません。

ですがお店も厳しいため、今まで同じ通りにしていれば赤字がより膨らんでしまいます。

 

そして他のお店では合同営業でメンバー出勤のみ、つまりお客様を呼べない子はいつまでも出勤できないのです。

待機組に時給を発生させられるほど、今は余裕がないということ。

 

こうしてナイトワーカー達はどんどんふるいにかけられ、実力のない子は更に生き残りが難しくなります。

店が赤字を抱えている以上、売り上げの基準も厳しくなっていくことが予想されるでしょう。

 

キャバクラに来るお客様、特に「太客」と呼ばれる人は仕事での成功者が多いはず。

ですからまだ油断できない時期に飲み歩き、仮に感染してしまったら大変なことになります。だから飲みに行くのを極力避けているのです。

 

お客様は感染を避けたいからお店に行けない、でも女の子は生活のために出勤したい……というアンバランスな状態が長引くと思われます。

 

未来がないわけじゃない、でも・・・

何も夜職に未来がない、と言っているわけではありません。

ですが元々不況で厳しかったのがより強まる、と言ってもいいでしょう。

 

新人も雇いづらくなりますし、移籍もよほど売り上げがなければ受け入れられません。夜職は今後更に狭き門になると思います。

そこで打ち勝てるように努力するのか、不安だから転職を考えるのかはあなた次第。

もし昼職に転職をしたくなったら、早めに昼コレへご相談くださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ