MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

アパレルのお仕事内容を解説!サービス業ならではの楽しさ、大変さ①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > アパレルのお仕事内容を解説!サービス業ならではの楽しさ、大変さ①
2019/12/30 (月)

アパレルのお仕事内容を解説!サービス業ならではの楽しさ、大変さ①

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は若い女性が憧れるアパレルのお仕事についてお話していきたいと思います。服装や髪型、ネイルが自由という魅力的な一面もありますが、実は肉体労働である部分も。メリット・デメリットを含めて解説していきますよ☆

アパレルは体力勝負!

アパレル店員はなにより体力勝負です!基本的にあまり連休は取れず(事前申告をすれば取れる会社もあります)、夏や冬のセール、お盆、年末年始など人が集まる時期は連勤が基本となるでしょう。常に立って仕事をしている上に、お客様と会話をして接客をするのです。座れる時間は休憩のみ、と考えれば肉体労働である点は容易に想像がつきますよね。

 

正直なところ病弱だと、アパレル店員として務まりません。どこのお店も赤字の出ない程度、つまりギリギリの人件費でスタッフを配置していることが多いため、下手すれば一日の営業を2~3人で回す店舗も珍しくはありません。

もちろんお店の規模にもよりますが、テナントに入っているようなブランドでも、狭めの敷地なら少人数が当たり前。そのため欠員が出てしまえば職場の人に大きな迷惑をかけてしまうもの。元々体力がある、風邪を引きづらい、心身ともに健康な人物が好まれるのです。

 

アパレル店員の実際の業務は?

アパレル店員はただ服を売って接客しているだけではありません。納品された商品の整理、在庫確認といった裏方的な業務も加わってきます。可愛い服を着て接客しているだけではない、華々しくない地味な作業があってこそ成り立つお仕事と言えるでしょう。この裏方的な業務がかなり重要で、大型連休の前は納品(お店に入荷してくるアイテムたちの在庫)が一気に押し寄せてきます(笑)

集客力のあるテナントだと段ボールが20個以上送られてくることもあり(!)それを処理しつつ店頭で接客・・・ということをやっていると、もうてんやわんや。多忙なあまり一日があっという間に過ぎていく事でしょう。

 

夜職で例えるなら何卓もお客さんが被り、あっちこっちで対応をしている状態とほぼ同じような忙しさ。臨機応変に接客モードと作業モードを切り替えなくてはなりませんから、頭も使うお仕事でもあります。

人数が複数いる店舗なら接客係、裏方係と二手に分かれて西行を行いますが、店内が混雑すれば接客優先。作業を後回しにしてでも店頭へ出る必要があるのです。

 

接客以外の業務内容をざっくりとめますと

 

・オープン準備(レジ金の用意や店内の掃除など開店準備)

・納品物の処理(納品書を見て在庫数確認~整理して倉庫に詰めるまで)

・電話対応

・他店舗との在庫交換のやりとり(他店舗から取り寄せがあった場合など。これを“店間”と言います)

・棚卸し(月に一回、半月に一回など会社によって差がある)

・業務日報の報告(一日にいくら売り上げたといった報告書の作成)

・クローズ(レジ金の処理やごみ捨てなどの閉め作業)

 

オープン準備とクローズ処理以外は、全て接客と並行して行うものとなります。

 

アパレル店員の楽しいところは?

やはり接客した服が売れる瞬間でしょう。悩んでいたお客様が、自分の考えたコーデをトータルで買って行ってくれたなど、嬉しい瞬間は多々あります。またお客様と仲良くなり、自分の顧客ができるのもやりがいがある点の一つ。自分の指名客がつくのとよく似ていて、顔見知りが増えれば売り上げも伸ばしやすくなります。

 

また美意識が上がるのもこの仕事の嬉しいポイント。可愛くてスタイルのいい女の子に囲まれて仕事をすると、自ずと綺麗になっていくものです。流行りのコスメの情報を交換し合ったり、ヘアアレンジの幅が広がったりと、ファッションや美に関して更に敏感になれますよ。

 

パート②へ続きます!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ