MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

まだまだハンコ文化?転職前に持っておきたい判子について

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > まだまだハンコ文化?転職前に持っておきたい判子について
2020/04/20 (月)

まだまだハンコ文化?転職前に持っておきたい判子について

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆まだまだ世の中は判子文化。電子印鑑なんてものも登場しましたが、実印でなければ認められない企業もチラホラ。シャチハタだけでなく、認印や実印を作成しておくと安心です。

ナイトワーカーはあまり判子を使わない?

シャチハタさえも持っていない、という人、案外多いのではないでしょうか?

宅配便ならサインで受け取れますし、新たに口座開設やクレジットカードの作成等を行わなければ使う機会はそうないのかもしれません。

お店によっては判子がないとお給料が受け取れないケースも見られますが、不要なところも少なくないですね。

となれば、夜働いていると判子が登場する回数は少ないと思います。

 

ですが昼職へ転職すると、事あるごとに「印鑑を押して」を言われることが増えます。

入社前の誓約書や年末調整など、あらゆる場面で必要とされるでしょう。

最近ではネットでも作成できますので、ぜひ転職前に持っておくことをおすすめします。

 

実印と認印の違い

実印と認印、耳にしたことのあるフレーズだと思いますが違いを理解できていますか?

 

実印とは判子の中でも最も権力のあるもの、と覚えておくと良いでしょう。

判子を実印として活用するには、住んでいる区や市の役所で印鑑の登録を行う必要があります。

登録完了後は印鑑登録証明書が交付され、その判子は公的な証明書、様々な契約に活用することが可能です。

 

認印とは実印ほどの権力はなく、普通に活用する判子といった感じ。

印鑑登録を行わない判子ですので宅配の受け取りや、意思確認の同意書などに使えます。

 

認印にシャチハタを使っても、三文判をつかっても構いません。

一般的な判子=認印、法的な効力のある判子=実印と覚えておきましょう。

 

シャチハタだけではだめ?

百円均一でも買えるシャチハタ、持っておくと非常に便利ですよね。

しかし書類によっては「シャチハタ不可」ということも多いので、三文判も作成しておく必要があります。

 

会社に入社する際の書類は、シャチハタNGのものも多いです。気を付けましょう!

 

印鑑はすぐに作れます!

店頭だけでなく、最近はインターネットで印鑑を作成・さらに即日出荷のサイトも増えています。面倒臭がらずに作りましょう。

費用はモノによりますが安いと2000円程度で作成可能。見た目にこだわった印鑑など、お好みのデザインで作れるようなので、ぜひサイトを探してみて下さいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ