MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ
2019/11/11 (月)

それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は昼職の人が抱く夜職へのイメージについてお話したいと思います。夜のお店に行ったことのない人は色々なイメージを抱いていますが・・・「全然違うよ!」と叫びたくなることも多いですよね。筆者が転職後に感じた違和感をご紹介致しますね。きっと共感してもらえるはず・・・!?

未だに、キャバ嬢は盛り髪&ロングドレス!

嘘でしょう!?と思われそうですが、未だに髪を盛っているイメージは完全に消えていないようです。それにサテンのロングドレス、という一昔前のスタイルを想像する人が実はかなり多かったりします。クラブでは現在もロングドレスが着用されていますが、歌舞伎町や六本木のキャバではほぼミニドレス。むしろロングを禁止している店舗だってあるくらいですよね。

 

もっと言えば現代はワンピースタイプが特に人気。キメキメのドレスはあまり着ないなんて女の子もよく見かけます。ヘアメイクも至ってシンプルですから、キャバクラでは強めの巻きおろしをしている子なんてほぼいません。

 

ですので映画やドラマの中で、未だにロングワンピ+盛り髪のキャバ嬢役を見ると「えええ・・・」と思ってしまいます(笑)小悪魔ageha全盛期の印象が未だに強いのでしょうね。

 

キャバ嬢は皆お酒が強い

キャバ嬢はお酒が強いから夜の仕事をしているというイメージもあるようです。

 

最近はお酒が得意じゃないキャストさんも増えているので、これまた違う!と言いたくなりますよね。お酒が飲めなくても売り上げを立てている人はたくさんいますから、必ずしも飲めなくてはならないことはありません。

お酒が強い=お酒が好き=ナイトワークをする、と考えられるのも困りますよね。現役で活躍している人の中でも、酒豪はそこまで多くないと思います。一店舗に数名程度いるだけで、実際はそこまで強くないキャストの方が圧倒的な数を占めていることでしょう。

 

お酒が苦手でもお仕事は成り立つんだよ~と知らない人へ伝えたくなりますね。

 

風俗のお仕事を好きでやっている

なぜだか風俗のお仕事を、好きで好きで仕方がないからやっていると勘違いされがちです。お金の為ではなく、性的な行為が好きだから・・・と都合よく捉える男性が後を絶ちません。実際にそんな思いで働いてる女の子は、ほぼゼロに近いでしょう。

 

「お金のために割り切ってやっている」のですが、それを分かってくれない人が本当に多いですよね。きっと「そうであって欲しい」という男性の願いから、そういった発想になるのかもしれません。働いている女の子からすれば、だいぶ迷惑な話なのですが・・・。

 

ただし中には技を磨いたり、おもてなしの質を上げたりと、仕事内容を極めることが好きで続けている女性は少なからずいます。こういったタイプはプロ意識も高く、お客様へ「自分の仕事を知ってほしい」と思っているケースですね。この領域まで行ければ本気のプロ、志の高さを見習いたいものです。

 

夜のお仕事は誰でも稼げる

恐らくナイトワーカーさんが最も憤りを感じるのは、上記のフレーズではないでしょうか?夜のお店で働いたことのない人、深く遊んだことのない人は必ず夜職が稼げると思っています。

 

けれども夜職は非常にシビアで、努力をしなければ昼職よりもお給料がもらえないなんてこともザラですよね。指名を呼ばなければ息の長いキャストにはなれません。キャバクラであればどんどん時給は下がりますし、風俗ならばフリーをつけてもらえなくなります。これほど完全実力主義な世界はありませんし、どんな仕事よりも体育会系だと思いますね!

だからこそ「夜職って誰でも稼げるんでしょ?」「オレ女に生まれたら絶対風俗やるわ~」と言われれば、腹が立つのも致し方がないことです。

 

夜の女の子たちは営業努力を欠かしません。自分自身が売り物なのですから、「どうやったら売れるか?」を日夜懸命に考えています。仕事に対してはとても真面目ですから、“誰でも稼げる”は大きな間違いでしかないのです。お酒を飲むだけ、脱ぐ覚悟を決めるだけで稼げる時代ではないのですから・・・。

 

昼職から見て夜職は未知の世界

いかがだったでしょうか?筆者が昼、夜どちらも経験して感じた事なので、共感してくれたら嬉しいです。

 

昼職未経験だと一般の仕事が何も分からないように、ナイトワーク未経験からするとまた夜も未知の世界なのです。イメージだけでアレコレ言われてしまうこともありますが、お互いを覗いたことがない以上、完全に分かり合うのはかなり難しいかもしれませんね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ