MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ
2019/11/11 (月)

それは違うと叫びたい!昼職の人が抱く、夜職のイメージ

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は昼職の人が抱く夜職へのイメージについてお話したいと思います。夜のお店に行ったことのない人は、皆色々なイメージを抱いていますが……全然ちがーう!と叫びたくなることも。笑 私が感じた違和感を、皆さんへ共有したいと思います!

未だに、キャバ嬢は盛り髪&ロングドレス!

嘘でしょう!?と思われそうですが、未だに髪を盛り盛りしているイメージを持っている人がいます。笑

それにサテンのロングドレス……という一昔前のスタイルを想像する人はかなりいるんですよ。

 

クラブではまだロングドレスが着用されていますが、歌舞伎町や六本木のキャバではほぼミニドレス。むしろロングを禁止している店舗だってありますよね。

 

そして現代はワンピースタイプが特に人気。キメキメのドレスはあまり着ないなんて女の子もよく見かけます。

 

ですので映画やドラマの中で、未だにロングワンピ+盛り髪のキャバ嬢役を見ると「えええ……」と思ってしまいます。笑

 

キャバ嬢は皆お酒が強い

お酒が強いから夜の仕事をしているというイメージもあるようです。

 

最近はお酒が得意じゃないキャストさんも増えているので、これまた違う!と言いたくなりますよね。お酒が飲めなくても売り上げを立てている人はたくさんいるので、必ずしも飲めなくてはならないことはありません。

 

お酒が苦手でもお仕事は成り立つんだよ~と知らない人へ伝えたくなります。笑

 

風俗のお仕事を好きでやっている

なぜだか風俗のお仕事を、好きで好きで仕方がないからやっていると勘違いされがちです。

お金の為ではなく、性的な行為が好きだから……と都合よく捉える男性が後を絶ちません。実際にそんな思いで働いてる女の子は、ほぼゼロに近いでしょう。笑

 

「お金のために割り切ってやっている」のですが、それを分かってくれない人が本当に多いですよね。きっと「そうであって欲しい」という男性の願いから、そういった発想になるのかもしれません。

 

ですが働いている女の子からすれば、だいぶ迷惑な話なのですが……。

 

夜のお仕事は誰でも稼げる

恐らくナイトワーカーさんが最も憤りを感じるのは、上記のフレーズではないでしょうか?

夜のお店で働いたことのない人、深く遊んだことのない人は必ず夜職が稼げると思っています。

 

夜職は非常にシビアで、努力をしなければ昼職よりもお給料がもらえないなんてことも。指名を呼ばなければ息の長いキャストにはなれません。

キャバクラであればどんどん時給は下がりますし、風俗ならばフリーをつけてもらえなくなります。

そうならないためにも、夜の女の子たちは営業努力を欠かしません。自分自身が売り物なのですから、「どうやったら売れるか?」を日夜懸命に考えている……。仕事に対してはとても真面目なのです。

 

ですから簡単に稼げると思われると、憤りを感じるのも無理はありません。お酒を飲むだけで稼げる・脱ぐだけで稼げる、ではありませんからね!

 

 

いかがだったでしょうか?私が昼、夜どちらも経験して感じた事なので、共感してくれたら嬉しいです。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ