MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

お料理はできますか?昼職では●●費を節約しよう

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > お料理はできますか?昼職では●●費を節約しよう
2019/11/07 (木)

お料理はできますか?昼職では●●費を節約しよう

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職にうつったらまず節約したいのが食費です。夜食事代はあまり意識していない生活費も、転職すれば「あ、高い」と気づくことも。食費は生活費の中でも削りやすい部類ですから、工夫を凝らして節約上手になりましょう♪

ナイトワーカーはあまり食費を意識しない?

夜職をしていると、食費節約に意識が向かないですよね。お仕事を頑張っている女の子なら、毎日同伴は当たり前。同伴をあまりしない人でも、店内でフードを注文することも多いですからね。となれば食事代はお客様が出してくれるので、自分のお金で食事をする機会が減ります。

 

そのためあまり食費に気が向かないのも仕方のないことでしょう。時給の高い仕事をしていれば毎日外食をしても、コンビニで好きなだけ買うこともできますからね。ウーバーイーツもし放題、中にはタピオカ一杯だけのために出前をする人もかなりいます(笑)送料もかかるので一杯で1000円越えだったとしても、あまり気にしないといった意見も多いです。

 

ただし昼職の人からすれば飲み物一つに1000円越えは、驚きの金額であることに間違いはないでしょう。夜職時代と同じお金の使い方をしていると、あっという間に貯金が減ってしまいますよ。食費は最も生活費の中で削りやすい部分です。夜職から昼職へ転職したいなら、食費をまずは節約してみてくださいね。

 

昼職の人は食費を節約している!

昼職へ転職すればどうしても収入は少なくなってしまうもの。毎日外食で好き放題食べている昼の人間はほとんどいません。多くの人が食費を削り、お金を使いすぎないように意識しています。

 

食費の節約に一番おすすめなのはやっぱり自炊をすること。これは節約だけでなく健康にも良いですから、ぜひ続けたい習慣の一つです。

お弁当を毎日会社へ持参すれば、ランチ代の節約にもなります。職場によっては周りに飲食店がない、コンビニやファーストフードだけ・・・なんて土地もあるので、自炊ができればそんな状況の時も役に立ちます。毎日同じコンビニご飯や飲食店だと、さすがに飽きてしまいますもんね。

 

企業によってはお弁当屋さんの出張販売や、ビルの入館証を見せるだけでランチの割引サービスが受けられる場合も。毎日お弁当を作るのが大変な時は、こういったサービスを活用するのもアリですね。

気を付けて欲しいのは無理をしすぎてまで切り詰めないこと。確実に嫌になってしまいますので(笑)、「絶対に毎日お弁当!」などと自分を追い込まないようにする方が、長く続くものですよ。

 

自炊は返って高くつく?

よくネット上では「自炊は安い!」「自炊は高い!」と両極端な意見が対立していますよね。実際に自炊は、外食より高くついてしまうのでしょうか?

 

ハッキリとこう!とは申し上げられませんが、食べたい時に食べたいものだけを作り続ける生活だと、自炊でも確実にお金がかかります。あれが作りたいから今日はこの食材を買い足そう、ということを毎日やっていると、結果的に高くついてしまうのです。そこで食材にこだわり始めたら、外食よりも出費が増えてしまうでしょう。

 

対策としては冷蔵庫にあるものだけで料理する(不用意な買い足しはしない)、全て使い切るまでは次の買い物に行かないなど工夫をする必要があります。これらを気をつけていれば、外食よりも食費をグッと抑えることが可能です。

 

また自炊と外食の比率が同じくらいの場合も、返って高くついてしまう可能性があります。食材を買ったのに使いきれず捨ててしまったりすれば、二重にお金がかかりますよね。自炊をすると決めたのなら、最低でも自炊8、外食2、くらいの割合に留めた方が良いです。

 

時々スーパーへ買い物へ行こう

自炊を全くしない、買い物がコンビニばかりという人は、転職前にスーパーへ行く習慣をつけてみましょう。だいたい野菜や肉、魚がいくらくらいなのか知る事も一つの勉強です。それらの相場を知る事で一般的な感覚を取り戻せる利点もありますよ。自炊をするならスーパーのだいたいの売値は把握しておきたいもの。そこから節約へと繋がるのです。

きっと自炊生活が始まれば、いかに出前や外食が高いかが分かります。特に便利な出前は昼職の人にとっての「贅沢」に当たりますので、その感覚も矯正できると尚良いですね。

 

いかがだったでしょうか?転職に当たって準備しておくのは、何も道具だけではありませんこうした感覚を一つ一つ学んでいく事も、非常に重要なポイントなのです。今まで贅沢三昧だった人からすれば「みみっちい」「ダサい」と思うことかもしれません。しかし転職を決めたのならそうは言ってられないですよね。夜職と同じくらい昼職でも稼ぎだす自信がないのなら、出費は多少なりとも抑えなくてはならないのです。

 

もし昼職に転職する際は、昼コレスタッフにお声がけくださいね!あなたに合ったお仕事や転職方法の提案をさせていただきます。

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ