MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

お客様の力を借りて、昼職へ就くということ

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > お客様の力を借りて、昼職へ就くということ
2019/09/28 (土)

お客様の力を借りて、昼職へ就くということ

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職から昼の世界へ羽ばたく女の子を多く見てきましたが、中にはお客様の力を借りている子が一定数見受けられます。お客様に起業等を持ち掛けられ、困っている女の子必見ですよ☆

お客様の力を借りてナイトワークを卒業する女の子、意外に多いですよね。付き合いの長いお客様の会社に就職する、秘書になる、共に起業するなど、耳にするのは何とも輝かしい話ばかり。転職活動を行わずとも就職先が決まることに羨ましさを覚える方がいるかもしれません。

 

しかし良い事ばかりではないのがこのお話の怖いところ。人の力を借りるという事は、大きなデメリットも存在するからです。

 

お客様の力で昼職へ就くのは、悪い事なのか?

夜職が長い女の子なら、誰しもが一度は「一緒に起業しよう」「ビジネスをしよう」「うちに就職しないか」とお客様から持ち掛けられたことがあるでしょう。まだまだ夜のお仕事を続けるのなら断ると思いますが、もう上がろうか……なんて迷っている時に話が舞い込んでくると、つい頭を悩ませてしまいますよね。

特に指名を貰っている期間が長いのなら「このお客様とだったら大丈夫そうかも」と思ってしまうのも無理はありません。

 

私はお客様とビジネスパートナーとなることが悪いとは思っていません。実際にお客様と手を組んで、成功した女の子もいました。転職期間がほぼない状態で就職が決まり、そのまま昼職を続けている人だっています。

 

しかし覚えておいて欲しいのは、そういった女の子が“少数派”だということ。

だいたいがお客様と手を組む=愛人になることだったり、お金をだまし取られてしまったり、仕事はあれど自由がきかないケースがほとんどなのです。

 

途中まではうまくいっても、急にお客様が恩着せがましくなることも考えられます。「誰のおかげで夜を引退できたと思ってるんだ!」なんて言われたら、カチンときてしまいますよね。

衝突してしまった時に人間の本性はようやく見えてくるもの。それでも人の力で昼の世界に行ってしまったのなら、相手との関係上言い返すことは出来ません。結局「キャバ嬢とお客様」の関係のままが延々と続く可能性も考えられるのです。お店の中だけならまだしも、通常の会社でも同じ関係を引きずるのは相当な精神力が要るのではないでしょうか。

 

また当たり前のことですが、お客様の会社に入るのなら本名や住所を全て教えなくてはならないのです。夜の世界の「この人だったら大丈夫そう」の勘が外れることだってありますから、相手をしっかりと見極めた上で決断を下してください。

最初は良いことばかりを言い、転職を勧めてきますが、本当に怪しい場合は必ずどこかで矛盾が生じているはずです。

 

良い話があるからといって飛び付かないで

良い話があったら誰だって飛び付きたくなりますよね。特に就活がうまくいっていないのなら尚更ではないでしょうか。何度も何度も書類を会社に出し、面接を繰り返す日々は精神的に追い込まれてしまうからです。

 

しかしそこで判断力を鈍らせて、おいしい話に飛び付かないで欲しいと筆者の私も思います。そこで失敗を踏み、面倒なことになってしまった女の子をたくさん見てきたからです。

 

実は私もその一人。お客様の話にあっさりと喰いつき、騙されそうになったのです。そういった相手はうまいタイミングで心の隙間に入り込み、悩んでいる人の心を利用していくやり方をとります。

 

最初はそのお客様も、良い事ばかりを言っていました。「元水商売のコはトークも上手だから、きっとうちの会社の営業として大活躍してくれるよ」と……。自身の周りの人間を紹介してくれたり、私を口説き落とすためにたくさんの時間を使ってくれたようにも思います。

今思い返せばかなり慎重な相手で、じっくりと時間をかけていくことで私からの信頼を得ようとしていたのでしょう。怪しまれないために基盤をガッチリと創り上げ、そこから自分の思い通りに進めようとしていたみたいです。

 

けれどあまりに私がグズついているので、段々と話の雲行きは怪しくなっていきました。途中で様々なことがあり、彼の想像する“シナリオ通り”にはなかなか進まないことが多々起きたのです。そこからは分かりやすくボロが出始め、最終的には私からお金をだまし取ろうとしていたことが分かりました。調べてみると他の女の子にもいっぱい声を掛けていたようで、皆同じ手口だったと言います。

 

「あそこまでしてもらったのに全部嘘だったのか・・・」と思うとショックでしたし、自分の見る目の無さに憤りを覚えました。たった数か月の短い間でしたが、目が覚めるまでに時間がかかってしまったのです。自分自身への後悔と共に、夜職以上の怖さを覚えました。

 

後から聞いた話ですが相手の口の上手さに騙されて、実際にお金を渡してしまった子もいたそうです。もし自分もそうなっていたら、と想像するだけで恐ろしいですね。

 

こういった事例もごまんとあるため、お客様からビジネスの話を持ち掛けられた際は慎重になって欲しいと思います。おいしい話には必ず裏があるもの。「本当に私のためを思って言ってくれているのか?」までをきちんと考えてみてください。

そして大切なのは即決せず、時間をかけること。私の場合も物事がモタつき、進まなくなった際に様々なほころびが出始めました。スピード感は大切ですが、相手を衝突した時、順調に話が進まない時こそ見極め時です!そこで一緒に乗り越えられてこそ真のビジネスパートナーと言えますよ。

 

昼コレなら自分の力で転職が可能

過去の経験を思い出すと、やはり他人の力を借りてのし上がるのは大変リスクの高い行為です。最初はうまくいっても、後々関係性のズレが生じたり、トラブルに発展しやすいのが玉にキズ。キャバ嬢とお客様という関係上、どうしても一般の友達や知り合いとは付き合い方が違うからです。

 

今まで源氏名で接していた相手と、本名を明かしてまで良い関係を築けるのか?その部分をよく考えて頂きたいですね。そこで少しでも疑問に思う、不安に感じることがあれば辞めた方が良いのではないでしょうか。

 

昼コレなら自分の力でお昼の世界へ羽ばたくことが出来ます。自分だけの力で何かを成し遂げることは、大きな自信へ繋がりますよ。誰かに水揚げしてもらったしがらみもないため、自由に動くことも可能です。

 

昼職へ就きたくなったら、ぜひ昼コレスタッフに相談してみて下さいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ