MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

いまいちわかりにくい”オフィスカジュアル”。オフィスカジュアルとは?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > いまいちわかりにくい”オフィスカジュアル”。オフィスカジュアルとは?
2019/10/09 (水)

いまいちわかりにくい”オフィスカジュアル”。オフィスカジュアルとは?

結局のところ”オフィスカジュアル”って何?

この昼職コレクションを見ていただいている昼職への転職活動中の女性の中にも、オフィスカジュアルのことがいまいち定義がわからない方もいるかもしれません。「オフィスカジュアル」とは、簡単に言うと、”ビジネスの場にふさわしいファッションのこと”です。また、スーツではないので注意が必要です。稀に、オフィスカジュアルがよくわからないからスーツを着ていけばいいかなと思う方がいるのですが、それは間違いです。逆に浮いてしまうことになります。

スーツほどかっちりしすぎず、少し着崩すのがポイントなのですが、企業によってオフィスカジュアルの基準は異なるため、職場の雰囲気に合わせた”オフィスカジュアル”が必要になってきます。

基本的には、シャツやブラウスなど”襟”があるものに、ジャケットを羽織り、シンプルなパンツやスカート、パンプスなどを合わせるスタイルが推奨されています。

 

気をつけたいポイント

◆基本的に柄は派手でないシンプルなものにする

オフィスカジュアルは、とにかくオフィスに馴染む、あくまでもオフィスでの仕事時の服装なのです。個性を出すなと言うわけではないですが、トップスやジャケットなど、比較的面積が広いものだとその分印象に残るので、トップスやジャケットなど、上半身で面積の広いものをなるべくシンプルにすると、それだけでオフィス感を出すことができます。

比較的上半身の方が印象には残るので、顔まわりは白系の、明るめの色にするときちんと感も出すことができて、なおかつ自分自身も顔色をよく見せることができますよ。清潔感も演出できるのでおすすめです。

 

◆露出が多いものや体のラインがですぎるものは避ける

まずオフィスカジュアルの前提として、”露出すること”は暗黙でNGです。概念として、「スーツよりはラフだけどリアルな私服ではない」ということです。たとえ流行しているものだとしても、それらはオフィスに着て行くものとしては適切ではありません。

また、素足をたくさん出すミニスカートや足のつま先を出すサンダルのようなものもNGとされているので気をつけましょう。デザイン関係の会社や、ファッション・アパレル関係の会社だと、オフィスカジュアル のコードも少し変わってくるので、その際は最初に出勤した時に周りの社員の方を参考にすると良いでしょう。

 

◆柄物をもし取り入れるなら小物に取り入れる

バッグや靴などの小物だと、多少の柄物やパキッとしたカラーを取り入れても大丈夫とされています。小物だとアクセントにもなるのでコーディネートもしやすいかもしれません。

また、カラーに関して、時々赤いトップスなどでお仕事されているOLさんがいらっしゃいますが、赤や黄色などはビジネスコーディネートには向かないカラーとされているようです。くすみ系のカラーならOKですが、原色のものを取り入れるなら、深いブルーやグリーンのものをチョイスすると大丈夫です。

 

オフィスカジュアルはバランスが大切

オフィスカジュアルは、転職活動や昼職への就活をされている女性だと、何か耳に入るワードかと思います。オフィスカジュアルはあくまでお仕事時の服装なので、仕事だと思う意識を常に持っておくことができればそんなに怖いものではありません。ジャケットや、襟が付いているトップスなど、上半身をきっちりすれば、ボトムスを多遊んでもバランスが取れてそんなに派手には見えないのでおすすめです。自分の中である程度基準を設けていれば選びやすくなります。しかし、どんな服装を選んだとしても、靴は社会人はとても重要なポイントで、社長さんなどは、初めての人と会う時は必ず靴を見ると言う方もいらっしゃいます。高価なものでなくても良いので、素材が良いものをきちんと手入れしておくようにしましょう。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
uzuz geek_career
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ