MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

いつまで続けよう?いつ辞めよう?悩まない人はいない パート2

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > いつまで続けよう?いつ辞めよう?悩まない人はいない パート2
2020/03/04 (水)

いつまで続けよう?いつ辞めよう?悩まない人はいない パート2

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆前回に引き続き、転職を悩んでいる人へ向けてコラムをお届けします。なかなか昼職へ踏ん切りがつかないのも無理はないでしょう。自分のメンタルも大切ですが、収入やこれからのことをじっくり考えてから決断を下しましょうね☆

世間の目が気になってきた

昔に比べるとナイトワークへの偏見はずいぶんと減りましたが、それでもまだなくなったわけではありません。どんなに夜の世界で成績を出しても職歴としては扱われませんし、昼の世界ではその部分を強みとして大々的にアピールできないのです。どうしても夜職=マイナスイメージを抱かれがちなので、世間の目を気にして上がりたくなるケースも多いようですね。

友達が結婚した、周りがどんどん上がって(卒業して)いく、自分の子供が大きくなってきた・・・などの理由で、今までは気にならなかった世間体について考えてしまうのです。

 

なかなか夜のお仕事を周りに認めてもらなかったり、身内に隠し続けるのはとても辛いですよね。反対されながら続けている人もいますが、段々と心苦しくなってしまうのでしょう。このケースに当てはまる場合は、夜職を上がることが最もベストな選択肢。しかし、人によってはそう簡単にいかないこともあります。

理由があって夜職をしているのなら、昼職に転職してお給料が減るのは大変悩ましい問題であるもの。夜と同等に稼ぎ出したいのなら職業も限られますし、初月からいきなり100万円を手にすることはできません。世間体を気にして上がったのに、結局Wワークや出戻りせざるを得なくなったら元も子もないですよね。

 

「世間がこうだから」ではなく、収入が下がっても生活していけるのか?夜職を辞めても生活には支障がないのか?などをきちんと考えて、そこから転職へ踏み出しましょう。

 

以前転職を考えたが、職場に受からなかった

一度は転職を試みたものの、職場が見つからず夜に戻ってしまったパターン。働く意欲はあるのに採用をもらえないと気分も落ち込みますよね。連続で面接を落とされればヤル気が喪失してしまうのも無理はありません。

しかしそこで就活を諦めてしまうと、空白の職歴が更に長くなってしまいます。このまま時間が進めばどんどん就職に不利になってしまうので、すぐには諦めないことが肝心ですよ。

 

就活も「運」が多少は関係しているので、職歴が長く空いている人・年齢が上の人でもすぐに職場が見つかることもあります。逆に若くて空白の期間が短くとも受からない、そんなケースもザラにあるのです。その時その時で企業の欲している人材、タイプ、スキルが異なることも普通。誰でも彼でも採用しているのではないので、採用をもらった人は「その時企業が欲する人物像に当てはまった」だけなのです。

夜の世界も同じで、似たような女の子のタイプばかりを採用しないですよね?スカウトマンに「ほぼ大丈夫だと思う」と言われて落ちる人がいるように、タイミングが少しは関係していると言っても良いでしょう。

 

何社も連続で落とされると、きっと気が滅入ってきてしまうはず。早い段階で投げ出したくなる気持ちは分かるのですが、ここはグッと堪えて、根気強く職場探しを続けてみて下さい。せっかく意欲があるのにやめてしまうのはもったいないですよ!特に書類選考が通るのなら、その先の面接対策をすれば受かる可能性は十分に高いからです。

ただし何十社も受けて全て落ちている場合は、あなたの面接の仕方や書類の書き方に問題があるのかもしれません。もしこの点で不安を覚えたら昼コレスタッフにご相談いただければと思います。正しい書き方や面接の練習などもサポートいたします☆

 

辞めたいと思った時が大切

「夜職をもうやめたい」と思った時こそ、じっくり考えるチャンスです。今後の生活はどうするのか?収入が下がっても平気なのか?やりたい仕事はあるのか?などと現実的な問題を把握してから転職へと踏み切りましょう。

 

何も考えずに「とりあえず就活」をしてしまうと、うまくいかず失敗に終わることも多いです。もし就職先が見つかったとしても、経済的な問題や気持ちの部分で継続することが困難になるかもしれません。一時の感情だけで動かず、先のことを見据えて行動できるといいですね!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ