MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

いきなり正社員として働くのが不安な人へ

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > いきなり正社員として働くのが不安な人へ
2021/09/13 (月)

いきなり正社員として働くのが不安な人へ

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職をいつしか卒業しなければならない――。その事実を分かっている女の子がほとんどだと思います。それでも夜を引退して1か月後には正社員として働く自分がイメージできないこともありますよね。今回はそんなあなたへ贈る記事です。迷っている方はご覧ください☆

一生夜職を続けられる人は限られており、100人中9割以上がいずれ業界を卒業します。年齢は人それぞれであっても、死ぬまで夜の世界で働けるケースは非常に稀でしょう。自分で出店しない限りは先が見えませんし、ずっと現役キャストでいることさえ難しいと思います。

常に頭の中には「業界卒業」の文字がちらついていても、その後の自分がどうなるかさえ想像できない女の子も非常に多いですね。夜歴が長ければ長いほど、将来をイメージしづらくなるのは当然のこと!特に昼職未経験なら尚のことではないでしょうか?

 

転職を考えても、いきなり正社員・週5日勤務・土日休みの働き方ができるのだろうか?そう疑問に感じる人だっています。実際に筆者もそうで、現役真っ最中の頃は「絶対に昼職へは戻れないだろう」と思っていたくらい・・・。それからすでに数年経ち、今ではすっかり昼の人間として仕事を続けているのだから、何とも不思議な話ですね(笑)

もし正社員になるのが不安なら一度考え方を変えてみましょう。何も昼職は就職がゴールではなく、それぞれの働き方があるからです。

 

最初から正社員にならなくてもOK

ナイトワークはフル出勤をしていれば休みは基本的に週1回、つまり月4回しかないことになります。労働基準法もありませんから同伴・アフターを繰り返せば自ずと勤務時間は伸びるはず。営業ラインや電話をしている間も一種の“労働”に該当しますよね。そうなると夜職はほぼ24時間仕事といっても過言ではないのです。

 

それに比べると昼職は勤務時間とそうでない時間が非常にハッキリと分かれています。一体どちらがラク、とは言い難いものの、メリハリがついている以上昼職の方が気持ちの切り替えはしやすいでしょう。とは言え連続して5日間出勤、8時間勤務と定められている点に苦痛を覚えてしまうナイトワーカーも多いとか。

確かに夜の世界はほぼ毎日労働であるものの自分で自由に働くことができます。ラインや電話も決して強制ではありませんから、自分の意志で行っている営業です。トータルした稼働時間は多くても、“自分の好きでやっている”ことだからそこまで苦痛を感じないのかもしれません。

 

だからこそ正社員になると、自らが希望していなくてもタイムスケジュールや休暇などが全て決まってしまうもの。今まで自由にしているとその部分が辛い、週5日も決められた日に行けない・・・!といった意見が挙がりがちなのです。

 

筆者は「よほどやりたい職業ではない限り、最初から正社員というくくりにこだわる必要はない」と考えています。絶対にあの企業に入りたい、などの憧れがないようなら、アルバイトや派遣といった形でスタートするのもアリ。まずは慣れない昼職を知り、知らない世界を覗いてみるような感覚でも構わないと思うのです。

いくら気になる職業であっても、いざ業界へ飛び込んだら違ったというケースも決して珍しくはありません。そうなった時ギャップに耐えられるでしょうか?就職前にはそのような“見えづらい部分”までしっかりと確認してほしいのです。

 

正社員未経験で開業したっていい?

フリーランスや経営者の道を目指すなら、就職の経験があるとあとあと非常に役に立ちます。とは言え必ずしも正社員の道をたどるのがマストではありません。中には昼職未経験のまま開業をする人も多いからです。

 

元々技術と人脈を持っているならフリーランスとして活躍も出来ますし、何かしら仕事は見つかるでしょう。決められた働き方が好きではない場合は、最初から自営で生きていくのも一つの方法と言えます。もちろん自分で案件を取る、経営のノウハウを身につけるなど大変なことは多いですが、その分やりがいも大きいです。

正社員以上の給料を手にできる(=夜職並みのお金が手に入る)可能性を秘めていますし、成功すればその道を極めて食べていけますよね。そう考えると就職よりも切り開ける未来はとても広いかもしれません。

 

誰でもできることではありませんが、チャレンジ精神があるのなら開業を踏み切るのもまた人生。ただし足元が簡単に崩れぬよう入念に地盤固めをする必要はありますが・・・。向上心の強い方なら就職以外にお勧めしたい昼職の働き方です。

 

あなたはどう働きたい?正社員だけに囚われず広い視野を持とう

昼職と聞けば正社員をイメージしますが、働き方は1つではありません。アルバイトから始めるのも良いですし、契約社員などで短期間お試し感覚で働くのもいいと思います。

今までとは違う世界でお仕事をするのですから、不安に感じるのは当たり前。むしろ不安がない人なんていません(笑)その気がかりなポイントを少しでも軽減するためには、あまり働き方に囚われない方がうまくいきやすいでしょう。

 

昼コレでは正社員だけでなく、業務委託やアルバイト、派遣社員など幅広い勤務形態でのお仕事を紹介することが可能です。「一度昼職の世界を見てみたい!」というだけでもOK。スタッフがあなたの将来を考えるお手伝いをいたします☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ