MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

あなたは大丈夫?理由をつけて、行動しないそのワケとは・・・

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > あなたは大丈夫?理由をつけて、行動しないそのワケとは・・・
2019/12/18 (水)

あなたは大丈夫?理由をつけて、行動しないそのワケとは・・・

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は私の身近にいた「こじらせ女子」についてお話ししたいと思います。言い訳ばかりで聞いていてい疲れてしまう・・・そんな女子に、あなたはなっていませんか?一度そうなってしまうと、転職はもちろんのこと、仕事にも影響が・・・!ぜひ気をつけていただきたいものです。

典型的な「こじらせ女子」

元々夜職のお店も転々としていた知人のB。指名が取れないわけでもないのですが、元々人間関係を築くのが苦手な女の子でした。

そのため黒服やキャスト同士で喧嘩をしてしまい、円満退店である店舗は一つもありません。

 

私も一度お店が一緒になったこともあり、彼女が喧嘩をするたびになだめていました。

仕事もそこそこできますし、ふつうに接していれば悪い子ではありません。

他の人も彼女の性格はもったいないと思ったのでしょう、先輩もBがトラブルを起こしても、根気強く付き合っていたのです。

 

しかしBの悪いところは、あまり人の忠告を聞き入れてくれないところ。

「あの時は薬を飲んでパキっていたから」「向こうから喧嘩を売られたから」「自分は変わりたいと思っているけど、この環境がよくない」と言い訳を並べます。

そして早く夜職を上がりたいというのが口癖でしたが、一向に行動する気配を見せません。

「いつ上がるの」と聞いても「でも給料安いよね?」というのが、彼女のおきまりの返しでした。

 

私はBが退店を繰り返す理由が分かりました。

人が親身になっているのにも関わらず、有り難みが分からないのです。

そして「薬が」「精神科に通っていて」というかまってちゃんのような事を言って、人の同情を買おうとします。

だから皆彼女から距離を置き、離れていってしまうのです。

結局Bはこの店でも孤立してしまい、退店を余儀なくされました。あれほど親身になって言ってくれていた先輩達も、最後は口もきかなくなっていたのです。

 

それでもBは「あの店の人たちはいじわるだ」と言っていました。

自分の行いを振り返らず、人のせいばかりにしていては何をしても続きません。

 

当時まだ19歳だった彼女も、いまではすっかり20代後半。

SNSで常に「体入」と書いてあることから、未だにお店に定着するということができないのでしょう。

 

どこかで変わらなければ、変われない

今これを読んでいる人はどう思ったでしょうか?

夜職から昼職へなかなか踏ん切りがつかない人もいるでしょう。

 

もしかすると昼職に興味があっても「給料が安いから」「朝起きられないから」「やりたいことがないから」「人間関係が面倒くさそう」と考えを先延ばしてしまっているかもしれません。

 

Bのように言い訳をして、適当な理由をつけながら生きるのは危険です。

だんだんと年齢が上がるにつれて考えも凝り固まり、行動するのも億劫になります。

どこかで一念発起しなくては、何も状態は変わりません。

 

なので少しでも昼職に興味を持ち始めたら、まずは行動してみることをおすすめします。

行動よりも先に言葉が出てしまうような人には、皆さんはならないよう!お気をつけくださいね。

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ