MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

【素朴な疑問】昼職の人はどこで“出会う”のか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 【素朴な疑問】昼職の人はどこで“出会う”のか?
2020/01/18 (土)

【素朴な疑問】昼職の人はどこで“出会う”のか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職未経験だと、「お昼の人はどこでパートナーと出会うんだろう・・・」と疑問に思いますよね。夜職だとお客様、同業者との出会いが多いですが、昼職の社会人はどうなのでしょうか?素朴な疑問を解決します☆

出会いの場その①職場

社内恋愛からの結婚、というケースは非常に多いです。同じ部署同士というよりかは、どちらかというと他部署でのお付き合いがよく見られますね。営業マンと受付嬢、などなど、毎日顔を合わせるうちに仲良くなっていくようです。

夜職ではボーイとの恋愛が風紀と呼ばれ、禁止とされています。お店側に知られるとボーイが罰金を払わねばならないなど、厳しい処置がくだされるもの。風紀している女の子は意外といるものですが(笑)、人によっては良い顔をしないキャストも多いですよね。よって夜職の“(店内)社内恋愛は”原則として不可能です。

それに比べると昼職は社内恋愛禁止といったルールは滅多にありませんし、実際にゴールイン率も高いのが事実。毎日会えることで進展も早いのでしょうね。

 

特に外部との接触が少ない内勤業務の場合、社内恋愛はとても多いようですよ。外での出会いがないため、どうしても内々での恋愛に発展しやすいのだそう。

 

出会いの場その②合コンや街コン

やっぱり合コンで出会うことはそれなりにあるようです。「昼職の人ってめっちゃ合コン行ってるイメージ」とキャスト時代、同期に言われたことがあるのですが・・・(笑)実際に合コン好きな人は一定数いるようで、毎週末は必ず合コン!といった男性・女性も時折いますね。意外とカップルが成立する確率は低いように思えますが、それでもお付き合いに発展する可能性がゼロなわけではありません。

 

また最近流行りの「相席屋」等も一種の合コンと言えるでしょう。正直なところこちらではゴールインしたカップルを、筆者は身近で見たことがありません・・・。話を聞くと相席屋 で出会い、本当に付き合い始めた人もいるそうですが、ちょっぴりレアなケースではないでしょうか?

合コンや街コンのように「誰かの知り合い」「住んでいるところが同じ」などの共通点を見つけ出すのが難しいですし、誰と相席するか分からない以上ギャンブル性は高いもの。席に座った一瞬だけで大きく盛り上がるのはなかなか難しい話ですから、そこから先へ進みづらいようです。

 

出会いの場その③婚活パーティー

先程の相席屋とはまた違い、真面目に結婚を考えている人は婚活パーティーへ足繁く通うそう。これらのイベントは「30歳以下限定」「20代限定」「30~40代向け」など様々な参加条件を設けて開催されています。マッチングアプリや相席屋 などに比べると本気度は高めなので、真剣に恋愛がしたい相手が見つかりやすい場でしょう。

 

婚活パーティーの場合は女性も参加日が発生することがほとんど(相席屋などは女性の支払いがないため)なので、冷やかし程度で行くところではありませんからね。同性ばかりの職場で男性との出会いがない、社内恋愛は嫌、結婚願望が強い人にはとても良い方法かもしれません。

 

出会いの場その④紹介

どこの業界も「友達の紹介で知り合った」は非常に多いケースです。先程挙げた婚活パーティーや合コン、街コンがあまり好きではない人もいますからね。出会いの場に出向かなくても、紹介で気付けばゴールイン、という可能性も大いに有り得ます。共通の知人・友人がいると思うだけで、どこか安心できますよね。周りの協力も得られる良い方法なので、「自ら出会いを求めに行くのは少し怖い」タイプには、紹介が向いているでしょう。

 

顔見知りが多ければ多いほど、色々な人を紹介してもらえるというメリットも(笑)ただし年齢が上がってくると結婚率も高くなってくるため、紹介される相手は年々減ってくるのがデメリットだと思います・・・。

 

出会いの場その⑤お見合い

最近はそこまで多くありませんが、お見合いでゴールインする人もいます。特に古風な家系だと「結婚はお見合いでするもの」という考えのところもありますからね。ご両親が良いと思った相手を紹介されたり、結婚相談所経由でお見合いをするケースも多々見られるでしょう。

最近は「お見合いパーティー」「一対一のお見合いプラン」など様々な形で存在しているのだとか。“お見合い”と聞けば少し硬いイメージがどうしてもついていますからね。近頃は気軽に参加できるよう、業者もそれぞれ工夫を凝らしているのだとか。

 

この方法だとチャラチャラした人は少なく、真剣に相手を探すことも可能です。結婚相談所などに入会すれば当然費用はかさんでしまいますが、本気度が高い場合は非常に良いでしょう。

 

出会いの場その⑥SNSやアプリ

最もイマドキと言える方法が、やはりSNSやアプリの活用!特にマッチングアプリは様々な発展を見せており、利用者も非常に多いのです。「本当に出会えるの?」と筆者も疑問に思っていたのですが意外と活用している人は多く、出会いも星の数ほどあるのだとか。今やアプリの数は無数に存在しますので、自分に合ったものを使い分けるのがベスト。実際にカップル成立率も高いようです。

またInstagramなどのフォロワーから仲良くなり、恋人へ発展するケースも!最近はネットで出会った友達とリアルで会うことが当たり前になっていますからね。特にSNSは趣味が合う友達を見つけやすいので、気が合う異性を探すのにもぴったりです。

 

しかしネット上の出会いとなりますから、合コンや婚活パーティーなどに比べると危険を秘めていることも多いです。最初の何回か会ったとしても、すぐに気を許してしまうのはやめましょう。気軽に使っている人がたくさんいる分、トラブルの確率もグンと上がります。安易に個人情報を教える、すぐ信用してしまうことのないように!

 

昼職の出会い方はとにかく様々

こうして見ると、出会い方には様々な方法がありますね。選択肢は多数ありますので、いくつか挑戦してみるのも良いと思います。もし昼職へ転職したら、婚活パーティーや街コンなどへ足を運んでみるのもいい人生勉強になるかもしれませんよ!

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ