MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

「夜職オーラ」が・・・。見直したいメイクや服装について

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 「夜職オーラ」が・・・。見直したいメイクや服装について
2019/10/02 (水)

「夜職オーラ」が・・・。見直したいメイクや服装について

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職への転職を考えているなら、見直したいのが服装やメイクの仕方。少し引き算をするだけでグッと夜っぽさが消えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

夜職には華やかさや派手さが重要です。特に水商売の女の子なら、仕事用メイクとプライベートのメイクを分けることもしますよね。

 

店内が暗いのでメイクが濃くなってしまうのは仕方のないこと。夜のお店でしか会えない特別感、非日常を提供するためには持ち物をブランド品で統一するのも、仕事の一環としては必要な部分なのです。

高く見える女性でなくては、なかなかお金を使ってもらうことはできません。夜職では着飾ることが何よりも大切であり、指名や売り上げを獲得するには欠かせないポイントとも言えるでしょう。

 

しかし昼の世界で似たようなメイクや服装をしてしまうと、浮いてしまいます。職場も暗い店内ではなくピカピカと明るい場所であり、もう売り物は自分自身ではありません。派手に着飾ることがお仕事ではないためそこの意識を変えていく必要があるんです。

 

決して「地味にしなさい」ということではありません。どうしても夜職の女の子は昼職=地味といったイメージを抱きがちですが、全員が全員そうではないんですよ!地味する、というよりかは「控えめにする」といった言葉の方が正しいかもしれません。

 

ハイブランドのアイテムはほどほどに

昼職の人もルイヴィトンなど、ハイブランドのアイテムは持っています。けれども全ての持ち物がハイブランドで揃えている人は少ないでしょう。ポイント使いをしていることがほとんどです。

 

夜職の女の子でありがちなのが、バッグはグッチ、靴はルブタン、アクセサリーはハリーウィンストン……のような「全身ブランド」で固めているコーデ。あちこちにブランドのロゴが載っており、見るからにハイブランドと分かる格好をしがちです。確かに夜の世界や繁華街では良いのですが、これはで昼の世界で確実に浮いてしまいます。

やはりハイブランドで固めると「派手な子」と見られてしまうので、いくら髪色のトーンを落としても、ネイルをシンプルにしても一般的な会社員には見えづらいのです。

 

そのためバッグだけをハイブランドにする、アクセサリーを一つだけつけるなど上手に引き算をしていきましょう。今まで両手に指輪をしていたのなら片手の一本だけにするなど、「少し物足りないかな?」くらいでちょうどいいのです。

全ての指にはめている社長さんとかって、すっごくギラギラして見えませんか?(笑)それと同じで、ハイブランドでの固めすぎは相手に近寄りがたさを覚えさせてしまいます。

 

そしてバッグの色も重要です。エルメスのバーキンの鮮やかなカラーを昼の職場に持って行ったら、明らかに浮きますよね。確かに可愛いのですが、ほとんどの社員がブラック、ベージュ、ブラウンといった中で一人だけピンク・・・なら確実に浮いてしまいます。

もちろん服装・髪型自由の昼職も多いので、鮮やかなカラーを持ちたい場合は様子を見てからにしましょう。会社の雰囲気は企業によって大きく異なるため、最初は控えめに、後々から個性を出していけばいいのです。

 

オフィスカジュアルという言葉があるように、なるべくシンプルな服装に合ったアイテムを選ぶようにしましょう。

 

カラコンはナチュラル、涙袋は強調させすぎない

昼職の女性でもカラコンをしている人は多いです。絶対にカラコンがN Gという会社はほとんどないと思うので、そこは安心してください。しかしながらカラコンがOKだといって、派手なカラーのコンタクトは避けた方が無難です。

夜職の人たちほど美容に詳しくない、カラコンに慣れていない人も大勢いますので、いきなりド派手なレンズを着けて行けば驚かれてしまうかもしれません。

 

私も夜職時代はグレーのハーフカラコンが大好きでしたが、今やすっかりブラウンのカラコン一択となりました。第一印象がマイナスだとあなた自身が損をしてしまいますよ。「個性を潰せ」とは思いませんが、誰しもが見て印象が良いような見た目にしていくことが大切です。

 

ですからメイクも最初は薄めにしていきましょう。つけまつげをつけている子は毛束の薄いものにするか、思い切ってマツエクにしてしまうのもいいかもしれません。今はまつ毛パーマなども主流ですから、バチバチに盛りすぎるのは少々古いかな・・・とも感じます。

マツエクをつけている子は本数を減らしてナチュラルな感じにシフトしていく方がいいですね。つけている本数が多いとどうしても大きなカラコンを着けたくなるので、目元のボリュームをワンランクだけ下げてみましょう。意外とすっきりとした印象になることもあります。

 

着色直径の大きなカラコンは人工的な印象を与えてしまい、あまり見慣れていない人からすると違和感を抱かれてしまいがち。男性の中にはまだまだ「カラコンが嫌い」「怖い」といった声が多いので、瞳を強調しすぎるようなレンズは避けましょう。

 

そして何より私が注意して欲しいのが、涙袋強調メイク!

 

最近はだいぶ減りましたが、一時期は涙袋を思い切り強調するの流行ってましたよね。キラキラのラメを涙袋に乗せると、ぷっくりと膨らむため可愛らしいのですが・・・。あれは繁華街限定のメイク、と言ってもよさそうです。派手さを演出するためにはいいかもしれませんが、暗い店内以外では通用しないでしょう。

元々涙袋がある方は仕方のないことですが、あまりに強調しすぎるのはおすすめできません。

 

もし美容整形でヒアルロン酸を入れすぎてしまったという女の子は、溶かすのも手。どうしても華やかな世界にいると派手にしたくもなるのですが、浮世離れしたように見えるから「夜っぽい」と言われてしまうのです。

夜職でお客様ウケを考えるのと一緒で、昼職へ転職するなら今度は「企業の人間ウケ」を考えなくてはなりません。それはあざといといったことではなく、“昼に適応していく”上で最も重要なこと。個性を発揮するのは構いませんが、最初から押し売りされれば人はびっくりしてしまいますよね。まずその部分を押さえながら、見た目を変化させていきましょう。

 

昼職に向けて、見た目の引き算をしていこう

いくら性格が良くても、悲しいかな見た目で判断されてしまうことが多い世の中です。派手なものが好きな気持ちはとてもよく分かりますが、昼職への転職を目指すなら「夜職っぽさ」は徐々に薄れさせることが大切です。

ぜひ転職前にナチュラルメイクや引き算メイクをやってみてください「。意外とこっちの方がお客さんに好評だった」なんてこともあるくらいですよ!

 

最初は慣れないかもしれませんが、いつもの服装やメイクを少しづつ押さえていくことから覚えていきましょう。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ