MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

「在宅ワーク」のメリット・デメリット!その2

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 「在宅ワーク」のメリット・デメリット!その2
2020/04/11 (土)

「在宅ワーク」のメリット・デメリット!その2

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は在宅ワークのメリットについてお話していきますよ☆今後は在宅勤務が常時可能な会社もどんどん増えていくことが予想されますので、希望する方はぜひ参考にしてみてくださいね!

人目を気にしすぎずに済む

在宅勤務のメリットは、人目をあまり気にせず仕事に没頭できること。オフィスに行けば必ず周囲に人が集まっているので、それが落ち着かないと感じるタイプもいます。誰かが立ったり座ったり、人々が行き来するだけで気が散るときもあるので。環境のストレスからは解放されるでしょう。のびのびと働ける、精神的負担が軽くなる利点もあります。

 

周りに誰もおらず、自分1人という気楽さがいいですよね。仕事ですからあまりに気を抜きすぎるのは良くないものの、肩に力が入ったままではどっと疲れを感じてしまいます。また集中している時に横から声を掛けられる、なんてこともないので、仕事の効率が上がる可能性も高いです。

元から1人でいるのが好き、淡々と作業をこなしたい、集中力がなく環境によって左右されてしまう人は、在宅ワーク向きと言えるかもしれません。

 

電車に乗らなくていい

毎朝通勤電車に乗っていくだけで体力を消耗しますよね。電車に乗るということは時刻表を確認し、身だしなみを整えて家から出発するということ。当たり前のことかもしれませんが、実はこれだけで相当なエネルギーを消費しているのです。「遅刻しないようにしなきゃ」「電車が遅れているけど間に合うかな?」といったプレッシャーもあるなら、毎日のストレスは思いのほか大きいものなのです。

 

自分の使っている路線が混みやすいと、特に消耗は倍になるでしょう。社会人=満員電車が当たり前、というイメージですがそれがなくなることで、負担も驚くほど減るのです。

 

特に通勤時間に一時間以上かかっている場合は、在宅勤務になることで相当気持ちがラクになることでしょう。通勤の準備やそのための早起きが不要になるため、朝の時間を有意義に過ごせるメリットもありますよ。

 

慣れた環境で働ける

「家で仕事だとスイッチが入らない」といった意見もあるようですが、中には慣れた環境で働けることに安心感を覚えるタイプもいます。会社は毎日行くといえど、自分の家ではありません。お手洗いや洗面台などは公共のものですし、自宅のような落ち着きは得られないでしょう。先ほど説明した人目を気にしすぎてしまう性格の人は、常に緊張状態を覚えていることも多いのです。

 

それに自宅ですから備品の場所などが分からない、なんてことはまずないですよね。家の中を充実させていれば非常に快適な環境で過ごせるため、会社に行くより自由度が高く働けます。休憩中もテレビやゲームに没頭できますし、家でご飯を作ってランチをしたって構いません。のびのびと過ごせ、なれた環境下にいれば緊張のストレスからは解放されるものですよ

 

おまけ:フリーランスの在宅と、会社員の在宅

全て自分で行うフリーランスと、会社の一員である在宅ワーカー。どちらを選ぶかは自分次第です。

 

完全フリーなら仕事を取る、確定申告をする、などを全て自分で行わなくてはなりません。ただ会社員ではないので休みを自らの希望で設定できたり、「今日は仕事しない日!」と決めることだって出来ます。リスクを伴う働き方ですが、安定して仕事があるならフリーランスとして活躍するのも一つの手ではないでしょうか。

 

そして会社員という立場の在宅ワーカー。社員である以上仕事は必ず確約されていますし、会社員は保険や厚生年金など守られている部分はとても多いです。ですが出勤しようが在宅だろうが、週5日は決められた時間で働かなくてはなりません。時間や休日にに関する自由度はフリーランスに比べると低いので、その点は理解する必要がありますね。

またコロナ禍は完全在宅でも、落ち着きを取り戻したころに出社へ切り替わる企業も多いです。一生完全在宅を貫けるか?となると少々難しい可能性も高いので、そこは入社前に企業情報を確認するべきです。

 

在宅勤務のメリット・デメリットはそれぞれ

在宅勤務のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?意外な盲点もあり、自宅で仕事をするのも決してラクではありません。いい面・悪い面はどちらも必ず潜んでいるため、希望している人はどちらのことも知っておくと安心です。今後は在籍勤務のできる会社も増えるはずなので、ぜひ視野に入れてみて下さいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ