MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

「バックレ癖」はとにかくヤバイ!今すぐ改善しよう

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 「バックレ癖」はとにかくヤバイ!今すぐ改善しよう
2020/03/11 (水)

「バックレ癖」はとにかくヤバイ!今すぐ改善しよう

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職は勤怠があまり厳しくないので、無断欠勤も遅刻も激しく怒られません。そして来るもの拒まず、去る者追わずの世界。バックレても追われることはなく、簡単にお店を飛んでしまう人が後を絶たないのです。しかしバックレが当たり前になっていると、昼職への道は難しいかも?詳しく解説していきますよ☆

夜の世界ではバックレを「飛ぶ」と言いますが、日常のよくある光景といった感じでしょうか。毎日誰かが入店し、退店を繰り返しているので、飛んだキャストが出ても店側は追いかけないのです。よほど売り上げがあるなら話は別ですが、成績を出しているナンバー陣が急に飛ぶことってほぼないですよね。大抵飛ぶのは新人か結果を出していない人。追いかける必要がないとも言えます。

入店してすぐ嫌だ、と思ったらすぐに飛ぶことができてしまう世界。その感覚に慣れ切っていると、いつしか「バックレ」が“とても悪いことだ”と思わなくなってきてしまうのです。

 

それが当たり前となってしまったナイトワーカーは、昼の世界でもきっと同じことを繰り返すでしょう。「辞めます」の一言が言えず、無断欠勤してそのまま・・・。そんな経験がある人もいるのでは?

 

そして同じ店が続かず、入店して数日で辞めてしまうことが多い人も危険。バックレ癖がついてしまうと、「嫌になったらまた飛べばいいや」という考えが染みついてしまうからです。

 

バックレ癖がつくと・・・

中にはバックレを繰り返し、働ける店がなくなってきたという話も聞きます。日本全国には様々な夜のお店があるものの、多くはグループ店。一度飛んだ履歴を残されていれば、新たに面接へ行くこともできません。それによって、職場探しが困難になっているナイトワーカーは少なくないのです。

 

確かに悪いお店も世の中には多数存在しているので、一概に飛ぶ人がすべて悪い!とは言いませんが・・・。過去に3店舗以上飛んだことがある人は、すっかり「クセ」づいているので気を付けたいところ。新人期間や保証期間だけで飛ぶのが普通となっているタイプも要注意です。癖づいている人は、決して不満の多くない店でも急に行きたくなくなり、気分で飛んでしまいます。それを昼職でやってしまっては、大きな騒ぎになる可能性もあるでしょう。

 

夜職は社会保険や厚生年金を支払っていませんから、飛んでも公的な部分では困りません。ですが昼職、特に正社員だとそれらに加入していますから、後々面倒なことになり得るのです。親や身内に連絡がいくことも普通ですから、「飛んでハイ終わり」では済まされないもの。気分で飛ぶことを繰り返していると、お昼の世界でも行き場がなくなってしまいますよ。

 

何が嫌で飛ぶのか?

まず何が嫌で飛びたいのか?その部分についてよく考えてみましょう。

 

客入りが全く良くないから、嫌なお客様ばかりだから、なんとなく行きたくなくて・・・色々な理由があると思います。しかしだからといって、無断で辞めて良いことではないですよね。特に一番最後の「なんとなく行きたくない」で飛ぶのは一番もったいないこと。その日もし出勤していれば、いいお客様との出会いや勉強になるような経験ができていたかもしれません。自分でチャンスを逃さないようにしましょう。

 

また客入り・客層が悪いはなかなか自分で変えることができません。この部分に関しては時期や、自分への向き・不向きも関係しているでしょう。それでも飛ぶのは良くないので、「辞めます」ときちんと伝えることが大切です。もし言いづらく、スカウトを通じて入店したのなら彼らに伝えてもらうのも手です。

音沙汰なし、が一番いけません。バックレは周りに迷惑をかけてしまうこととなるので、正直なところ罪は重いです!「あの子は来るのかな?来ないのかな?」と共に働く人たちが心配になりますし、あなたが飛んだせいでお店の売り上げ予想が大幅に減ることもあります。昼職でやれば、あなたが飛んだ分の仕事を被る社員が必ず現れます。

 

どうですか?こう考えてみると「飛ぶ」のは決して軽々しくないことが分かりますよね。簡単にバックレる人は先のことまで考えておらず、罪の意識が薄すぎるとも言えるでしょう。人として、そして大人としてどうあるべきかを今一度見直してみてください。

 

とりあえず、バックレだけはやめよう!

遅刻癖よりも厄介な飛び癖。一度ついてしまうとなかなか直らず、その人の人生を狂わせる原因にもなり得ます。簡単に仕事をやめてしまうのは良いことではありません。ぜひ今のうちに治して下さいね!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ