まずは相談無料のヒルコレカウンセラーに相談!
探そう。自分に合ったとっておきの仕事。

「いざ面接!昼職に就く際の最適な服装とは?」

こんにちは!
イメージコンサルタントの高橋恵梨香です。

いざ面接!となったはいいものの・・

服装ってどうしたらいいんだろう?って悩んだりしますよね。
これを読めばそんなお悩みが解決しちゃうかも!

転職活動成功の秘訣は「自分の足幅(ワイズ)に合った靴を選ぶ」こと。

転職活動を行う際、面接にはスーツ、パンプスをお召しになりますよね。
そこでスーツに合うプレーンなパンプスの選び方をお伝えいたします。

デザインは華美でない無地のものがおすすめ

色はスーツに合わせて、黒かベージュがよろしいでしょう。
ヒールの高さは5cm~7cmがおススメですが
どうしても痛くて履けない場合は3cmくらいでも失礼にはなりません。
そして、デザインとしてはポインテッドトゥ、アーモンドトゥ、ラウンドトゥなどがいいのですが
機能として一つこだわって頂きたい部分があります。

「自分の足のサイズに合っていること」

長さと幅が合っているハイヒールは歩いても痛くなりずらくなります。
一般的には足の長さで靴を選びますが、長さだけでなく幅(ワイズ)を考慮することが重要です。
特に、幅はキツイくらいで丁度いいのです。
複数社の面接に行く場合は
駅での乗り換え、駅から会社までの往復と歩くこととなり
一日中ハイヒールで移動することになります。
足が痛いと面接にも集中できなくなってしまいますし
体力的にも辛くなってしまいます
これから転職される皆様にはそんな想いをしてほしくありません。
一日中履いて歩くのは大変だからと代えの靴を持ち歩くのも大変ですよね。
(けっこうかさばります。)
快適に歩ける、自分の足に合ったサイズの
ハイヒールのパンプスを見つけていただくだけで痛みから解放されます。
靴を購入する場合は長さだけで選ぶのではなく、
幅(足囲)の基準である「ワイズ」にも気を配ってみてください。

「ハイヒールは痛い」概念が覆されるかもしれません。

足元を整えることにより、人に良い印象を残せます。
汚れている靴はNGですよ!
靴の汚れを落とし、しっかりと磨いて、面接に臨んでくださいね。

この記事の執筆は
合同会社エリッカーレ 高橋恵梨香が書いております。
1981年東京生まれ。
10年半OLで会社勤めをした後、イメージコンサルタントとして独立。
ハイヒールが痛くて履けず、なぜ痛くなるのかを研究したところ
、自身の足の幅が細いことにより前滑りしていることが原因と知る。
それをきっかけに、現在はその人の足のサイズに合ったセミオーダーパンプスの販売を行う。
また、「痛くないパンプスの選び方セミナー」を開催し、靴の選び方を伝えている。
パンプスは長さ・幅を計測し、自分にピッタリなサイズで靴を作ることができ、
左右のサイズ違いのオーダーも可能。

お問い合わせはこちら
↓↓↓

お問い合わせ

昼職コレクションからのお知らせ

         
まずはカウンセラーにお仕事相談してみませんか?
土日も対応!もちろん無料です!